暮らしのお役立ち

食品保存袋ならアイラップ!電子レンジ・茹でる・炊飯器に使えます!

アイラップ

こんにちは、OGU(@OGU_Blogです。

食品保存袋って、みなさん何を使ってますか?

有名なところだとジップロックがあるけど、類似商品も含めジッパー付き保存袋って割高・・・。

なのでOGUは、洗った野菜を数日保存するくらいだったら、100均やホームセンターオリジナルブランドの食品用ポリ袋を愛用していました。

これなら100枚入りで100円くらいで買えるので、値段気にせず使えますしね!

でも先日、アイラップなる商品を見つけてしまったんです。

これがポリ袋のくせに耐熱温度120℃もあって、調理にも使えるすごいヤツだったんです!

ただのポリ袋と比べると若干割高になりますが、値段も60枚入りで100円強くらいと、けっこうコスパもいい!

今回は、このアイラップがどれだけ使えるヤツなのかの説明と、実際の調理の様子をレポートしたいと思います。

 

アイラップ、どこで買えるの?

OGUは自宅の近くのホームセンター(カインズホーム)で買いました。

でも実店舗だと、取り扱っているお店が少ないようですね。なので、ネットで買うのが手っ取り早いと思います。

商品単価が安いだけに、別途送料が掛かる場合が多いようなので、その他日用品とまとめ買いして送料無料にするのがお勧めです!

AMAZONならプライム対象商品ではなく、「上記よりも価格が低い商品が出品されています。」のところから、ツルハドラッグ経由で買うのが安いです。

 

アイラップの特徴

アイラップ

昭和を連想させる、ノスタルジックな商品パッケージのアイラップ。岩谷マテリアルというメーカーの製品です。

岩谷マテリアル アイラップ製品紹介ページ

メーカー公式の製品紹介ページでは「うれしさ大きく7つの特長」と紹介されていますが、特筆すべきは

耐熱温度120℃ 耐冷温度マイナス30℃

ということ!

メーカーでも「袋のラップ」と謳っていますが、冷凍保存から電子レンジ調理・ボイル調理まで出来ちゃうんです!

まぁ正直、普通のポリ袋でも冷凍には支障を感じていなかったので、普通に使っちゃってました。えへ。

でも普通のポリ袋は、怖くて熱が入る調理には使えません!

OGU
OGU
溶けちゃったら片付けも大変だし、何より気付かず食べちゃった時の健康被害が怖い!

ところがこのアイラップなら、なんてったってメーカーが保証してますから、食品を袋に入れた状態で口を縛り、

  • 電子レンジで加熱する。
  • 沸騰したお湯で茹でる。

なーんてことが出来ちゃうんです。さすが袋のラップ!

何が便利かって、まず調理器具を汚さない

洗い物を増やさないって、料理をする人にとってはけっこう重要なポイントですよね~。

そして、ここからがアイラップの真骨頂。

炊飯器でお米を炊くときに、一緒におかずも作れちゃうんです!一石二鳥~。

 

アイラップの炊飯器調理。何が出来る?

炊飯器

具体的に、どんな料理が出来るかというと、

  • 蒸し鶏
  • 蒸し野菜(にんじん、じゃがいも、さつまいもなど根菜類)
  • 肉じゃがなどの煮込み料理
  • ハンバーグ

などなど・・・。アイディア次第で、レパートリーはいくらでも増やせます!

そして同時調理できるのは、何も一品だけじゃない!袋をわけて、ハンバーグと蒸し野菜を作るなんて芸当も出来ちゃう。

一回の炊飯で、ごはん・主菜・副菜が出来上がっちゃうんです。

それなら、私知ってる!

クッキングシートでも炊飯器で同時調理できるよ。

と思った方も、もしかしたらいるかな?

じゃー、出るとこ出ましょーか!?ではなくて、比較してみましょう!

 

アイラップ VS クッキングシート

使い勝手

  • アイラップ:食材を袋に入れて、口を縛るだけ。
  • クッキングシート:シートを必要量だけ引っ張り出して、食材を包むだけ。

個人的な感覚ですが、そんなに大差はないですね。

はい、ドロー

 

コストパフォーマンス

Amazonでの商品単価(配送料含まず)をベースに、コストパフォーマンスで比較してみます。

項目アイラップクッキングシート
商品単価¥129-¥296-
入り数60枚5m(横幅25㎝)
1回あたりの使用量1枚25㎝
1回あたりのコスト¥2.2/回¥14.8/回

※価格は、2018/11/21時点のものです。
※アイラップは、ツルハドラッグ取扱品の価格です。

コスパは圧倒的にアイラップの方が良いですね。

はい、アイラップの勝ち~

 

料理の仕上がり

食材自体の仕上がりについては、正直大差ないと思っています。

ただね、クッキングシートの場合、食材から汁が漏れ出しちゃう可能性があるんですよ。

OGU
OGU
白いご飯で食べたかったのに、茶色いご飯になってる!!

なーんてことが、あったりする。

対するアイラップは、きちんと口を縛っていれば、汁が漏れ出す心配なし!

ここはアイラップが優性かな。

 

「使い勝手」「コスパ」「料理の仕上がり」で比べて、2勝1分けでアイラップの勝ち~!

別にクッキングシートを悪者にしたいわけじゃないんですけど、炊飯器調理で使うなら、アイラップの方が便利ってことになりますね。

 

アイラップ炊飯器調理。実際の様子をレポート。

では、実際にアイラップで炊飯器調理をしてみましょう!

①今日は特売の鶏のささ身で、蒸し鶏を作っていきます。(料理番組調で。)鶏のささ身

 

 

②こんな感じで、アイラップにささ身・塩・酒・生姜などを入れてモミモミした後、口を縛ります。アイラップ入った、ささ身。

 

 

③あらかじめお米とお水が入っているお釜に、先ほどの鶏ささ身をドボンと入れます。お水の量は、普段お米だけ炊く場合とまったく一緒でOKです。
今回は離乳食用のおかゆ(ズボラーなので、野菜も一緒に炊き込み!)で、同時調理しました。
で、いつも通り炊飯スイッチを押して、炊きあがるのを待ちます。アイラップに入ったささ身を、炊飯器に投入。

 

 

④こちらが、炊きあがった状態。アイラップに入ったささ身が、ごはんと一緒に炊きあがったところ。

 

 

⑤炊飯器&袋から取り出した状態の鶏ささ身です。しっかり蒸し上がっています!
炊飯器調理のメリットなんですが、パサつくことなく、めちゃめちゃ柔らかく仕上がっていて美味しいですよ~!アイラップで炊飯器調理したささ身が、蒸しあがったところ。

 

キャンプや災害時、アイラップ自体でご飯を炊くことも。

防災セット

OGUはやったことないんですが、アイラップ自体にお米とお水を入れて、湯せんでご飯を炊くことも出来るそう。

キャンプの時なんかに利用している人も、けっこういるようです。

また災害が発生してライフライン(電気・ガス・水道)が止まってしまった時など、調理器具を汚さないで調理できるのは大変助かります

東日本大震災の際、OGUの住んでる地域もライフラインが止まってしまいました。

幸いにも持っていたカセットコンロでご飯を炊いたんですが、汚れたお鍋を洗うのに苦労したこと、よく覚えています。(災害時、水は本当に貴重です。)

普段のお料理で大活躍のアイラップですが、こういう使い方も出来ると覚えておくと、いざという時に役立ちますね!

 

おむつもアイラップにくるんで捨てて、嫌な臭いをシャットアウト!

おむつをアイラップに入れた状態。

食べ物の話の直後にすみません。

次男そらまめ(0歳)、絶賛おむつ中なんですが、使用済みおむつをアイラップに入れてから捨てると、まったくと言っていいほど臭いません!!

OGU
OGU
入れるときは、上の写真のようにネジネジしてから、口を縛ってね。

念のため、写真のおむつは未使用ですw こちら、Amazon オリジナルブランドMama Bear(ママベアー)のもの。

気になるママさんは、Amazonブランドおむつ、Mama Bearママベアー使って比較してみたよ!もどうぞ!

アイラップを購入する以前は、普通のポリ袋に入れておむつを捨てていました。

でも、真夏のこの時期は、どうしても臭いが漏れ出してくる…。(記事執筆中は2018年7月。埼玉・熊谷で、観測史上最高気温41.1℃を記録した空前の猛暑!)

アイラップに入れるようになってからは、「殺傷能力あるんじゃないの!?」っていうあの強烈な臭いに悩まされることもなくなりました!

おむつ離れしていないお子さんをお持ちの方・介護をされている方・ペットを飼われている方のペットシーツなんかにも、こういった使い方もお勧めですよ!

2018/9/23追記:アイラップを併用した、機能性&コスパともに最強のおむつの捨て方を見つけました!

【おむつ臭い対策】一番臭わず、一番安い捨て方はコレだ!

 

まとめ:食品保存袋ならアイラップ!電子レンジ・茹でる・炊飯器に使えます!

  • アイラップは、ネットで日用品などとまとめ買いしよう!
  • アイラップの耐熱温度は、120℃。電子レンジ調理や、茹でることもOK!
  • お勧めは、炊飯器調理!二品・三品、同時に作れちゃう!
  • ご飯を湯せんで炊くことも可能。キャンプや災害時に活用できる。
  • おむつやペットシーツを捨てる際にも便利!臭いが漏れてこないよ!

食品の保存としてだけでなく、調理にも使えてしまう。さらには汚物処理にも便利な、優れもののアイラップ。

コスパも良いし、これを活用しない手はないです!

アイラップをうまく利用して、時間も手間も省いちゃいましょー!

 

以上、ここまでお読みくださり有難うございました!

OGU
OGU
↓↓↓マイホームが欲しい方へお勧めの記事です↓↓↓
保険を見直して注文住宅建てました
【頭金なしでマイホーム】我が家は保険の見直しで手に入れました! マイホーム(注文住宅)なんて夢のまた夢――。 そう思っていた私たち夫婦ですが、無料保険相談でファイナンシャルプラン...
子育て世代には大規模分譲地の売れ残り区画がお勧め
子育て世代には、大規模分譲地の売れ残り区画がお勧め!そのメリットとは。こんにちは、OGU(@OGU_Blog)です。 注文住宅に外せないのが、土地探し。 「駅近」「小中学校の近く」「商業施設が徒...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 OGU no Ouchi