暮らしのお役立ち

アク取りにはアルミホイル!実際どれくらい取れるか検証。

アク取りにはアルミホイル
おぐ
おぐ
こんにちは、おぐ(@OGU_Blog)です。

みなさん、アク取ってますか?人間性のアクじゃなくて、料理の方です。

アク。漢字で書くと灰汁。

「はいじる」ってすっごい不味そうですが、名は体を表すってこのことで、アクを取るのと取らないのとでは料理の出来が全然違います

ある日煮物を作り始めてからアク取りシートを切らしてしまったことに、気付いた私。

お玉ですくい取るのも勿論できるけど、ズボラーな私は手軽に簡単に料理を進めたい…。

調べたら、どうやらアルミホイルでアク取りできるらしいじゃないですか!

でも実際どれだけ取れるの?ってことで、アルミホイルでのアク取りを試してみました。

アルミホイルでのアク取り検証

①こちらがアク取り前のBEFORE。

そう、今夜は牛丼です!

それはいいとして、全体的にアクが表面にあるのが見えるでしょうか。

アルミホイルでアク取りする前の煮物BEFORE

②アルミホイルをくしゃくしゃっと丸めてから広げ、蒸気逃がし用に真ん中に穴をあけてから鍋に投入!

アク取りの為に、煮物にアルミホイルを乗せる

③煮込み始めて約25分。そろそろいいかな?

ってことで、こちらがAFTER。

すっきりキレイに灰汁が取れています!

アルミホイルでアク取りした煮物AFTER

⑤並べると判りやすいですね。

アルミホイルでアク取りする前の煮物BEFORE
アルミホイルでアク取りした煮物AFTER

⑥鍋から取り除いたあとのアルミホイル。アクがいっぱい付いてます!

アルミホイルにたくさんついたアク

 

コスパ比較!アルミホイル vs アク取りシート

アク取りシートとアルミホイルでのアク取りと、コスパを比較しました。

ちなみにアク取りシートは100均のもの、アルミホイルはカインズホームの一番安いアルミホイル(2018/6/18現在)、という前提で比較しています。

 

項目アク取りシートアルミホイル
商品単価¥108-¥98-
入り数10枚16m(横幅25㎝)
1回あたりの使用量1枚25㎝
1回あたりのコスト¥10.8/回¥1.5/回

 

おぐ
おぐ
アルミホイル、激安です。

これだけアクが取れて、かつアク取り以外の本来の用途にも使える・・・。

これはもうアルミホイル一択かな!

アルミホイルでアク取り、その他メリットは?

おぐ
おぐ
アルミホイルでのアク取り、安い以外でもメリットあるんです!
コスパ以外のメリット
  • 捨てるときに、汁がポタポタこぼれない
  • 捨てるときに、熱くない
  • 適度に脂=旨味を残してくれる

キッチンペーパーや市販のアク取りシートで、アクを取る方法もありますよね。

ただキッチンペーパーやアク取りシートだと、汁を吸って捨てるときにポタポタこぼれるんです。

おぐ
おぐ
その点、汁を吸わないアルミホイルは捨てるときにとっても楽チン♪

おまけに熱伝導率の高いアルミホイル、熱しやすく冷めやすい!

鍋から取り出せば、あっという間に冷めます

おぐ
おぐ
火傷の危険性が低い!

もひとつ、アルミホイルでのアク取りだと適度に油を残してくれます。

油=旨味なので、お料理的に取りすぎるのも良くないんですよね。

おぐ
おぐ
お料理には、旨味大事だよね。

アルミホイルでアク取りのデメリット

それは、脂がそこそこ残ること。

メリットの一つとしても挙げましたが、ダイエットや何らかの理由でカロリー制限している方にはデメリットにもなります。

脂を少しでも取り除きたいって方は、

  • 油も取ると謳っている「アクも油もとるシート」などのアク取りシートを使う
  • アルミホイルでアクを取ったあと、お玉で油をすくう

 

など、対策して対策してくださいね!

 

まとめ:アク取りにはアルミホイル!実際どれくらい取れるか検証。

  • アルミホイルでもアクはしっかりキレイに取れる。
  • 激安!コスパが非常に良い。
  • 汁を吸わないので、捨てるのが楽チン。
  • 捨てるときに熱くない。
  • 油(旨味)を適度に残してくれる。
  • 油を少しでも減らしたい人は別のやり方か、別途お玉ですくってね。

総合して、アルミホイルでのアク取りは非常にお勧めできます!

私のようになんとなーく惰性でアク取りシートを使い続けている方、変えてみるのも良いと思いますよ。

以上、ここまでお読みくださり有難うございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 OGU no Ouchi